薬事関連表記(一般用医薬品の特定販売に関する表記)

403 Forbidden

  1. 会社案内
    1. 会社名
    2. 本社所在地・連絡先
    3. 業務内容
    4. 資本金
    5. 設立
    6. 役員・組織
    7. 取引銀行
    8. 主要取引先
    9. お客様からのE-mailお問合せ
    10. 公式サイト
  2. 店舗の管理及び運営に関する事項
    1. 許可の区分
    2. 店舗販売業者の氏名又は名称その他店舗販売業許可証記載事項及び写真
      1. 許可番号
      2. 店舗販売業者(開設者)
      3. 店舗の名称
      4. 店舗の所在地
      5. 店舗への連絡先
      6. Eメールアドレス
      7. 許可証発行年月日
      8. 有効期間
      9. 管轄
      10. 店舗写真(外観)
      11. 店舗内写真(1階部分)
      12. 店舗管理者の氏名
    3. 当店舗勤務の薬剤師、登録販売者の氏名及び担当業務
      1. 勤務シフト表及び店舗営業日
      2. 資格者氏名(勤務時間帯)
      3. 取り扱う医薬品区分
    4. 当店に勤務する者の名札等による区別
      1. 薬剤師
      2. 登録販売者
      3. 一般従事者
    5. 営業時間・相談受付時間
      1. 店舗営業時間
      2. 相談受付時間
    6. 相談時及び緊急時(時間外)の電話番号その他の連絡先
      1. 相談時電話
      2. 時間外電話・緊急時電話
  3. 特定販売届出の概要  第5228090278号
    1. 届出年月日
    2. 届出先
    3. 広告に表示する名称
    4. 主たるホームページURL
    5. 使用する通信手段
    6. Eメールアドレス
    7. 特定販売で取り扱う医薬品区分
    8. 特定販売に従事する専門家
    9. 特定販売で、注文・相談を受付ける時間
    10. 特定販売での相談時及び緊急時(時間外)の電話番号
  4. 「一般用医薬品の適正販売等」を確保するための指針及び手順書」
  5.  要指導医薬品及び一般用医薬品の販売に関する制度について
    1. 医薬品分類の定義と解説
      1. 要指導医薬品
      2. 一般用医薬品
    2. 医薬品の表示について
      1. 要指導医薬品
      2. 一般用医薬品
      3. 指定第二類医薬品の禁忌事項の注意喚起と確認の実施
    3. 医薬品の情報提供を行う専門家、積極的に行う情報提供(質問が無くても行う情報提供)及びお客様から相談があった場合の対応
      1. 要指導医薬品
      2. 一般用医薬品
    4. 陳列について
      1. 要指導医薬品
      2. 一般用医薬品
    5. 一般用医薬品の店頭での陳列に関する解説
    6. 一般用医薬品のサイト上の表示の解説
    7. 一般用医薬品の使用期限
    8. 販売個数制限及び回数(購入頻度)の制限
    9. 販売記録の作成
    10. 販売記録等、個人情報の適正な取り扱いを確保するための措置
    11. 苦情相談窓口
    12. 薬剤師資格確認検索システム
  6. 医薬品副作用被害救済制度について
  7. 一般用医薬品のネット販売のルールの概要

会社案内

会社概要

会社名

有限会社プロドラッグ

本社所在地・連絡先

198-0052 東京都青梅市長淵5ー543

店舗「薬のプロたん」
営業時間帯:10:00~17:00(土・日・祝日 定休)

代表TEL 0428-25-8682
代表FAX 0428-25-8683

時間外対応 0428-78-3155(365日・薬剤師当直)

 

業務内容

一般用医薬品、健康食品、健康茶等の店舗販売及び通信販売(特定販売)

資本金

1,250万円

設立

1991年6月10日

役員・組織

代表取締役 遠藤啓太(薬剤師)
取締役専務 田中しげ子(登録販売者)

 

取引銀行

三菱UFJ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行
西武信用金庫

主要取引先

株式会社ウチダ和漢薬
小太郎漢方製薬株式会社
三和生薬株式会社
株式会社栃本天海堂
大草薬品株式会社
株式会社イチゲン
剤盛堂薬品株式会社 他

お客様からのE-mailお問合せ

(代表E-mail) pro@protan2.com

お問合せフォームはこちら

●PCフォーム【パソコン】SSLモード

●SPフォーム【スマホ】SSLモード

パソコン・スマホ共通メール

公式サイト

・通販公式サイト「プロたん漢方2」

https://www.protan2.com/

・(有)プロドラッグ・オフィシャル公式サイト

https://www.protan2.com/prodrug/

・公式Twitter

https://twitter.com/protan2011

・公式FaceBook

https://www.facebook.com/protan2

●本社へのアクセスマップ

 

店舗の管理及び運営に関する事項

店舗の管理及び運営に関する事項

許可の区分

店舗販売業

店舗販売業者の氏名又は名称その他店舗販売業許可証記載事項及び写真

許可番号

第5228090278号

店舗販売業者(開設者)

有限会社プロドラッグ(平成3年6月10日設立)

店舗の名称

薬のプロたん

店舗の所在地

198-0052 東京都青梅市長淵5ー543

https://www.protan2.com/benpi/protanmap2019

店舗への連絡先

代表電話 0428-25-8682

代表ファックス 0428-25-8683

Eメールアドレス

pro@protan2.com

許可証発行年月日

平成27年10月22日(更新)

有効期間

平成27年10月22日~令和3年10月21日

管轄

東京都(西多摩保健所)

店舗写真(外観)

店舗外観

店舗内写真(1階部分)

店舗内

店舗管理者の氏名

管理薬剤師 遠藤啓太

当店舗勤務の薬剤師、登録販売者の氏名及び担当業務

勤務シフト表及び店舗営業日

店舗営業日・カレンダー


(赤枠が店舗休日)

資格者氏名(勤務時間帯)

 

管理薬剤師 遠藤啓太

勤務時間帯 月曜~金曜
10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)

登録番号: 登録番号:第142990号
登録先都道府県:東京都
厚生労働省薬剤師検索システム

担当業務:医薬品販売及び管理・総務・広報

 

登録販売者 田中しげ子

勤務時間帯 月曜~金曜
10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)

登録番号: 登録番号:第13-09-00343号
登録先都道府県:東京都

担当業務:医薬品販売・経理事務

取り扱う医薬品区分

第二類医薬品(指定第二類医薬品を含む)、第三類医薬品

当店に勤務する者の名札等による区別

薬剤師

名札:薬のプロたん 薬剤師:氏名

制服:白衣(半袖又は長袖)

薬剤師 制服

登録販売者

名札:薬のプロたん 登録販売者:氏名

制服:白衣(半袖又は長袖)

登録販売者

一般従事者

名札:薬のプロたん:氏名

制服:ブルー・ユニホーム

一般従事者

営業時間・相談受付時間

店舗営業時間

月曜~金曜 10:00~17:00
合計35時間/週 (土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)

相談受付時間

同上

相談時及び緊急時(時間外)の電話番号その他の連絡先

相談時電話

0428-25-8682

fax.0428-25-8683

時間外電話・緊急時電話

薬剤師直通:090-1653-9903

特定販売届出の概要  第5228090278号

特定販売届出の概要  第5228090278号

届出年月日

平成26年5月26日

届出先

東京都(西多摩保健所)

広告に表示する名称

プロたん漢方2

主たるホームページURL

https://www.protan2.com/

使用する通信手段

インターネットEメール・電話・ファックス等

Eメールアドレス

代表・Eメール: pro@protan2.com

質問・相談メールフォーム

https://www.protan2.com/page-344

特定販売で取り扱う医薬品区分

上記、実店舗の取り扱う医薬品区分と同じ

特定販売に従事する専門家

上記、実店舗勤務の薬剤師、登録販売者と同じ

特定販売で、注文・相談を受付ける時間

上記、実店舗の営業時間・相談受付時間と同じ

特定販売での相談時及び緊急時(時間外)の電話番号

上記、実店舗の相談電話、時間外電話、緊急時電話番号と同じ

 

 

 

「一般用医薬品の適正販売等」を確保するための指針及び手順書」

【はじめに】

店舗販売業「薬のプロたん」を運営するにあたり、一般用医薬品の適正販売等を確保する上で、「指針及び手順書」は必須事項であると心得る。 従って、お店を開店以来、何度か見直しを図り、概ね1年に1度はこれを更新するように心がけている。

但し、特定販売を実施するに至っては、正式には初めての取り組みゆえ、実際に現場担当の者とよく協議の上、安全かつわかり易く、さらに能率的な手順はどうするか? 特に法律的な観点と、お客様側から見たサイト構成や、発送に至るまでの「確認の繰り返し」と一連の作業手順は果たして、これで「もれが無いのか?」とスタッフ一同、模索の日々であった。

手順書作成は、個店における適正販売「手順」であり、一般用医薬品を取り扱う資格者の義務でもある。 従って、これで良いという完全なる「手順書」にまでは至っていないが、「お客様への安心と安全確保」を念頭として今後も改良、更新を続けていく所存である。

なお、お店のポリシー、憲法でもある「指針」については、開店以来、ほとんど変更は無い。 しかしながら、あまりにも普遍的な事柄を避け、当店独自のポリシー、時代に沿った考え方も反映できるよう今後も少しずつ加筆、訂正を加えていくべきと考えている。

 

先般、許可更新の時期を迎え、「指針及び手順書」2015年度版を策定する機を得たので、以下掲載する。
本来の書面は「指針及び手順書」として1冊にまとめているが、ファイルサイズの関係で便宜上2つに分けて掲載している。

① 「一般用医薬品の適正販売等」を確保するための指針pdfファイル)106KB

shishin201510

② 「一般用医薬品の適正販売等」を確保するための手順書pdfファイル)147KB

tejyun201510

 

 要指導医薬品及び一般用医薬品の販売に関する制度について

要指導医薬品及び一般用医薬品の販売に関する制度について

医薬品分類の定義と解説

◎要指導医薬品・一般用医薬品は、ともに、その効能・効果において人体に対する作用が著しくないものです。

要指導医薬品

そのリスクが不明な状況にある又は、毒性若しくは劇性の強い成分を含むもの。医療用医薬品に準じた取り扱いとなります。

要指導医薬品FAQも参照

一般用医薬品

リスク分類:副作用、飲み合わせ、使用する方の状況(小児、妊婦など)等についてのリスク評価にもとづく分類です。

第一類医薬品:リスク:特に高い
一般用医薬品として使用経験が少ないなど、安全性上特に注意を要する成分を含むもの。

第二類医薬品:リスク:比較的高い
まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの。

指定第二類医薬品:第2類医薬品のうち、特別の注意を要するもの。
禁忌を確認せずにお薬を使用すると、重い副作用が出る可能性があります。

「してはいけないこと等」については、薬剤師又は登録販売者に、ご相談ください。

第三類医薬品:リスク:比較的低い
日常生活に支障を来たす程度ではないが、身体の変調・不調が起こる恐れがある成分を含むもの。

医薬品の表示について

◎医薬品パッケージ及び添付文書にリスク区分を表示することが義務付けられています。

要指導医薬品

一般用医薬品

第一類医薬品:リスク:特に高い

第二類医薬品:リスク:比較的高い

指定第二類医薬品:第2類医薬品のうち、特別の注意を要するもの

2_1

または

または

第三類医薬品:リスク:比較的低い

指定第二類医薬品の禁忌事項の注意喚起と確認の実施

店頭における指定第二類医薬品の販売時には禁忌事項の説明とお客様からの確認を実施します。
特定販売(インターネット、電話等)の時には、サイトに禁忌事項の目立つ表示をもって注意喚起を促し、併せてお客様からの確認を実施します。

.
・目立つ「赤文字」「強調文字」、「赤枠」などの使用
この医薬品は指定第2類医薬品です。小児、高齢者他、禁忌事項に該当する場合は、重篤な副作用が発生する恐れがあります。詳しくは、薬剤師または登録販売者までご相談ください。

医薬品の情報提供を行う専門家、積極的に行う情報提供(質問が無くても行う情報提供)及びお客様から相談があった場合の対応

要指導医薬品

情報の提供を行う専門家:薬剤師のみ

積極的に行う情報提供:書面等を用いて、適正使用のために必要な情報提供及び薬学的指導を対面で行う必要があります。(義務)

お客様から相談があった場合の対応:適正使用のために必要な情報提供及び薬学的指導を対面で行う必要があります。(義務)

一般用医薬品

第一類医薬品:リスク:特に高い

情報の提供を行う専門家:薬剤師のみ
積極的に行う情報提供:書面等を用いて、適正使用のために必要な情報を提供する必要があります。(義務)
お客様から相談があった場合の対応:相談に応じて適正使用のために必要な情報を提供します。(義務)

第二類医薬品:リスク:比較的高い

情報の提供を行う専門家:薬剤師又は登録販売者
積極的に行う情報提供:適正使用のために必要な情報提供に努めます。(努力義務)
お客様から相談があった場合の対応:相談に応じて適正使用のために必要な情報を提供します。(義務)

指定第二類医薬品:第2類医薬品のうち、特別の注意を要するもの

情報の提供を行う専門家:薬剤師又は登録販売者
積極的に行う情報提供:適正使用のために必要な情報提供に努めます。(努力義務)
お客様から相談があった場合の対応:相談に応じて適正使用のために必要な情報を提供します。(義務)

第三類医薬品:リスク:比較的低い

情報の提供を行う専門家:薬剤師又は登録販売者
積極的に行う情報提供:薬機法に規定がありません。(不要)
お客様から相談があった場合の対応:相談に応じて適正使用のために必要な情報を提供します。(義務)

陳列について

◎医薬品を他のものと区別して陳列し、更にリスク分類ごとに区分して陳列しています

要指導医薬品

鍵をかけた場所か、お客様が直接手の触れられない場所に、一般用医薬品と分けて陳列

一般用医薬品

第一類医薬品:リスク:特に高い

鍵をかけた場所か、お客様が直接手の触れられない場所に陳列。

第二類医薬品:リスク:比較的高い

指定第2類医薬品は、情報提供を行う設備から、7m以内の範囲又は鍵をかけた陳列設備などに陳列。

指定第二類医薬品:第2類医薬品のうち、特別の注意を要するもの

医薬品販売許可区域内に、区別して陳列。

第三類医薬品:リスク:比較的低い

医薬品販売許可区域内に、区別して陳列。

一般用医薬品の店頭での陳列に関する解説

一般用医薬品を保管する陳列ケース(ガラス扉付き)は全て情報提供カウンターの後方に位置しています。

当店で取り扱う指定第二類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品については、各陳列ケースごとに割り当てて、それらが混在しないようにしています。

陳列に関する解説

一般用医薬品のサイト上の表示の解説

サイトの商品構成及び表示に関し、一般用医薬品はリスク分類ごとにサイトを大別、構築し、かつ他の商品(医薬部外品や健康食品等)と混在しないようにしています。

さらに指定第二類、第二類、第三類医薬品のリスク区分ごとに検索できるページを設けている他、商品ごとに下記のリスク表示をしています。

指定第二類医薬品には

テキスト表示:
【指定第2類医薬品】【第②類医薬品】

画像表示:

第二類医薬品には

テキスト表示:
【第2類医薬品】

画像表示:

第三類医薬品には

テキスト表示:
【第3類医薬品】

画像表示:

お薬のリスク区分FAQも参照

一般用医薬品の使用期限

店舗における販売及び特定販売において「1年以上の使用期限あるもの」をお客様に販売しています。
また、具体的な使用期限表示に関しては、店頭では口頭又は文書による説明、サイトにおいてはショッピングカートの「商品詳細画面」→「使用期限(医薬品の場合)」の表示にて対応しています。(順次更新中)

使用期限FAQも参照

販売個数制限及び回数(購入頻度)の制限

健康被害のリスクが高まる商品(例.指定第二類医薬品の全てと第二類医薬品の一部、その他当店薬剤師、登録販売者が個数制限が適当と判断した商品)につきましては販売個数制限をつけています。
またご注文回数(購入頻度)が短期間の場合も同様に制限をさせて頂きます。

販売個数制限FAQも参照

販売記録の作成

一般医薬品の特定販売(インターネット、電話等)を実施の折には、当店所定の販売記録を作成します。

販売記録等、個人情報の適正な取り扱いを確保するための措置

販売記録等の個人情報については、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)及び「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」(厚生労働省医政局長・医薬食品局長・老健局長通知)に従い、適切に取り扱います。

◎厚生労働分野における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン等
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/seisaku/kojin/

苦情相談窓口

開設者:有限会社プロドラッグ
店舗名:薬のプロたん

受付時間:月曜~金曜(祝日・年末年始・お盆休暇を除く)10:00~17:00
電話 0428-25-8682 ファックス 0428-25-8683

時間外緊急電話 090-1653-9903
管理薬剤師直通電話 090-1653-9903

薬剤師資格確認検索システム

以下サイトで薬剤師の資格確認が行うことができます。
https://licenseif.mhlw.go.jp/search_iyaku/top.jsp

医薬品副作用被害救済制度について

医薬品副作用被害救済制度は、医薬品等を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用による健康被害を受けた方に対して、医療費等の給付を行い、被害を受けた方の迅速な救済を図ることを目的として、昭和55年に創設された制度であり、医薬品医療機器総合機構法に基づく公的な制度です(再生医療等製品については、平成26年11月25日以降より適用)。

◎独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

受付時間:月曜~金曜(祝日・年末年始を除く)9:00~17:00
電話番号:フリーダイヤル 0120-149-931
ホームページアドレス http://www.pmda.go.jp

医薬品副作用被害救済制度に関する業務 | 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
医薬品・医療機器・再生医療等製品の承認審査・安全対策・健康被害救済の3つの業務を行う組織。

 

 

一般用医薬品のネット販売のルールの概要

一般用医薬品のネット販売のルールの概要
適切な情報提供・販売
① 購入者が情報提供内容を理解した旨の確認② 購入者に再質問がないことの確認

③ 指定第2類について、禁忌の確認を促すための掲示・表示等

④ 情報提供義務免除の範囲及び判断者の見直し(継続使用者等について、薬剤師が情報提供の要否を判断)
⑤ 乱用等のおそれのある医薬品の販売個数の制限等

⑥ 使用期限の表示・使用期限切れの医薬品の販売禁止

⑦ オークション形式での販売の禁止

⑧ 購入者によるレビューや口コミ、レコメンドの禁止

⑨ モール運営者の薬事監視への協力

※ 店舗販売も同様のルールが適用される。

※(レコメンドとは)
近年、多くのECサイトにて用いられる手法。主に閲覧、購入履歴によるランキング表示、好みが似た他の利用者の情報表示や推薦表示、アンケート比較表示など多様化している。

販売の具体的な流れのイメージ
① 使用者の状態等の確認
使用者の状態等の確認
性別、年齢 ・症状 ・副作用歴の有無やその内容 ・持病の有無やその内容 ・医療機関の受診の有無やその内容 ・妊娠の有無、授乳中であるか否か ・その他気になる事項(自由記載)等上記項目の入力は、初回「会員登録画面の下段」及びショッピングカートで初めて注文の方、又は会員登録を希望されない方にも「注文画面(ステップ2)」画面の両方に上記項目の全ての入力画面が表示されます。

なお、使用者の状態等の確認事例として、下記のフォームのように会員登録及びショッピングカートに設置している各種質問フォームをご用意しております。(下記事例1..及び事例2は、ご注文時には自動的に1セットとなり、当方資格者の元に届きます。)

さらに詳細な状態等の確認が必要な場合も想定し、別途専用フォームとして「一般用医薬品に関する質問メール(使用者様の状態等の確認)」もご用意しております。

また、それでも確認、判断が難しい場合、又は急を要する状況のケースには当方資格者より直接お電話を差し上げることもございます。

※医薬品ご購入者は入力必須、他の製品(健康食品等)ご購入者は任意とさせて頂いています。
※既存会員様でのこの件に関しての情報変更等は、ログインされてマイページからいつでも修正が可能です。 ※特にご注文時の症状、医療機関の受診、併用薬剤の有無等はその都度変化いたしますので、でき得る限り正確な情報維持にご協力下さい。
※なお、会員登録をご希望されないお客様はID、パスワードは発行されません。従ってご注文の都度、お客様情報の全て、使用者の状態等の確認を最初からご入力頂く形となります。ご了承下さい。

事例1. 初回会員登録時には事例1.しか出ません。しかしカートご注文時には事例2の項目が操作「ステップ2」で出現します。
事例1.のフォームに関し、会員様は「マイページ」の会員情報に保存されます。従って、ログイン後はタイムリーに修正・削除が可能です。通院先の病院の科目、併用薬剤が変更された時などは先に更新されておきますと便利です。
事例2.
事例2. 下記フォームの事例2.は会員様、非会員様がカートご注文時に必ず出現する確認フォームです。
例として使用者がご家族のケース(お年寄り又はお子様等)の事例を下記掲載しました。
事例2.のフォームデーターはマイページのセキュリティーの関係でメインの会員情報としては登録されません。
但し、過去のご注文履歴モードから一定期間だけ閲覧することは可能です。
事例2.
矢印
②使用者の状態に応じた個別の情報提供等
使用者の状態等に応じた個別の情報提供等
用法・用量 ・服用上の留意点(飲み方や、長期に使用しないことなど) ・服用後注意すべき事項(○○が現れた場合は使用を中止し、相談することなど)
・再質問等の有無等
矢印
③提供された情報を理解した旨等の連絡
提供された情報を理解した旨等の連絡

【最終確認として】
・提供された情報を理解した旨
・再質問・他の相談はない旨 等
お客様の実例文
例.
○ 再質問はありません。内容を確認、承諾しました。
○ 質問はもうありません。内容把握した。早く送って下さい。
○ 提供された情報を理解しました。
○ 他に疑問点はございません。※医薬品をお求めの場合、お客様からの「情報を理解した旨」の、いわゆる「OKメール(確認返信)」が届かない場合、基本的に商品をお送りすることができません。この点、十分にご留意下さい。(医薬品以外の製品、健康食品とか健康茶の場合、確認返信は任意です。)※第2類・第3類等、情報提供が義務ではない場合に、使用者から確認する内容等は、当方(薬剤師又は登録販売者)が判断するものとします。
※また、入手した情報を踏まえ、当方が販売可能と判断した場合は、②③の手続を経ずに販売するケースもあります。

矢印
④販売(商品の発送)
販売(商品の発送)

当店では、お薬のご注文を頂きますと、使用期限確認を始めとする検品作業、梱包業務、送り状作成、発送までの一貫した作業はすべてお薬の資格者により実施されております。

 

https://www.protan2.com/

 


| ホーム | 会社概要 | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | 免責事項 | 薬事関連表記 | お問合せ |

プロたん漢方【プロドラッグ】は事実上の廃止となりました。(令和2年3月2日)