商品詳細
キササゲ(きささげ)500g・寸・中国


キササゲ(きささげ)500g・寸・中国



・[品番]商品名 [1006] キササゲ(きささげ)500g・寸・中国

マイリスト
税込商品価格(総額表示) 4,320 円/ (うち消費税額320円)
・分類 第2類医薬品
・会社 ウチダ和漢薬
・希望価格(当店平常価格)
・在庫状況 在庫あり
・カテゴリ 薬草・健康茶>【き】
薬草・健康茶>【き】>
・使用期限(医薬品の場合)
1年以上の使用期限あるもの」をお客様に販売しています。
・医薬品をお求めのお客様はお読みください。 店舗情報及び薬事関連表記

・管理薬剤師から




関連商品情報(こちらの商品も注目です。)

詳細情報
【参考資料】

キササゲ
キササゲは、落葉性の10メートルにもなる高木で幹も太く、直径が60センチに達するものがある。葉は桐のようで大きく、やや三角形状の広卵円形。
花は淡黄色で内側に紫色の斑点があり、10花ぐらいを円錐状につける。

秋にさや状の果実がまだ未熟な緑色をしている頃、果実内の種子が外に、こぼれない時に採取して、採取と同時に2〜3センチに刻んでから乾燥させると乾燥も早く、用いるときも便利。
このキササゲの果実の乾燥したものを生薬で梓実(しじつ)・キササゲという。
キササゲの根皮は生薬名を、梓白皮(しはくひ)といい、7月〜8月に根を掘り採り、水洗いして皮をはぎ、天日で乾燥させる。

キササゲは、非常に利尿(りにょう)作用が強く、腎炎(じんえん)やネフローゼによる顕著(けんちょ)な、むくみや蛋白尿をおこしたときの利尿剤として効き目がある。

糖尿病合併症の糖尿病性腎症に効果があるといわれている。

乾燥した果実・梓実(しじつ)を2〜3センチに刻み1日量10グラムに水0.5リットルを加えて、煎じながら約半量まで煮詰めたものをこして、1日3回に分け食間に服用する。利尿薬として非常にすぐれている。
またこれは、一度に大量に服用すると、気分が悪くなったり吐き気をもようしたりする、副作用がでる場合があるので過量の服用と副作用には充分注意する必要がある。

根皮・梓白皮(しはくひ)を乾燥し、細かく刻んだもの1日量10グラムに、水0.5リットルを加えて、煎じながら約半量まで煮詰めた煎液は、解熱、解毒剤として使用する。

梓白皮(しはくひ)の煎じ液は皮膚のかゆみやできものなどの塗布にも用いる。
また、果実・葉を8グラムを水0.2リットルで煎じて、イボ痔に服用するとされている。 キササゲの有効成分は、カタルピン、オキシレン酸、プロトカテキン酸。

プロたん式
【キササゲ】の飲み方

飲用されるご本人の軽く一つかみが1日分です。(概ね10グラム)・・・1回分ではなく、1日分をおつくりになります。

その一つかみ分を、水600ccほど入れた鍋の中に入れます。
当初は強火、煮立ってきましたら中火に変更して下さい。

15分から20分ほど経過しますと、良い煎じエキスが浸出してまいります。
火を止めて、カスを取り除き、残液400 cc のうち1回分約150 cc〜200 ccぐらいをお茶代わりに服用いたします。

できましたら、1日3回を服用し、服用の都度、ご面倒でも温めてお飲み下さい。

基本的に、本格的な、生薬100パーセントの無添加の商品でございますので、煎じ液の大量のおつくり置き、一夜越しは時節柄、避けて頂きたいと存じます。

長期の煎じ液「作り置き」は分離状態となり薬効も薄れ、衛生上もおすすめしておりません。


(薬剤師 プロたん)
○個々の製品についてのお問合せは下記「製品内容につき資格者(薬剤師・登録販売者)に質問する」のボタンをクリックしてください。

【文責及びお問い合わせ先】

有限会社プロドラッグ・商品本部
店舗「薬のプロたん」
受付時間:10:00〜17:00
(土、日、祝祭日を除く)
※学術担当の薬剤師、登録販売者までご連絡ください。
TEL.0428-25-8682
〒198-0052 東京都青梅市長淵5-543


戻る


最近チェックした商品 クリア