きゅう帰調血飲第一加減一覧

特に女性の場合、産後の聖薬と言われるように、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、血の道症など婦人科疾患全般に応用されています。また、男性においても、うっ血などを伴う循環器疾患や下肢静脈瘤など、男女併せると適応範囲が非常に広い処方であると言えます。

スポンサーリンク