漢方通販サイトはプロたん漢方2(弊社直営公式サイト)

分消湯(ぶんしょうとう)

分消湯
スポンサーリンク

実証のむくみ、腹部膨満感に強い味方!分消湯(ぶんしょうとう)

本来、実証で「元気人間」のはずが・・最近どうも。。

疲れやすい。粘りが無い。すぐ体がダルくなる。。

気のせいか?・・いや、たるんでいる?そうではありません。

食事後に何か「おなかが張る」腹部膨満感。

足をぜひご覧ください。。浮腫(むくみ)がひどくないですか?

平素よりも太くはありませんか?

これが長期続くと、いろいろと病変が出てまいります。

そう、水毒が悪さをすると、実証でも元気がなくなるどころか、皮膚炎や、腎臓系、痔や消化器系の疾患が少しずつでて参ります。

従って・・・その傾向と対策は?

利水剤を飲む・・・セオリーですよね。例えば五苓散。

しかし、そのレベルの利水では、とてもスッキリしません。

今夜は大変に優れた漢方処方をご紹介申し上げます。

その名も分消湯(ぶんしょうとう)

実証タイプの方のひどい浮腫(むくみ)や腹部膨満感に対応できる方剤です。

【処方の用い方】


※虚証の場合の浮腫の時には→ 補気建中湯(ほきけんちゅうとう)
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-147

※実証の場合の浮腫の時には→ 分消湯(ぶんしょうとう)
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-137

◎記憶に留めておいてくださいね。いつか役立ちますよ。


分消湯の・・・本サイトの特集ページはこちら→ https://www.protan2.com/?p=6100

【分消湯のとくちょう】

※とにかく、おなか周り、もも、足周りをスッキリさせたい方にピッタリ!!

●浮腫には実腫と虚腫があり、「実腫は治りやすく、虚腫は治りにくい」といわれている。実腫には弾力があって、圧迫した凹みが直ぐに元に戻る。

●むくみの状態だけでは、虚実を見誤ることもあるので、全身状態の観察も重要。その脈が沈実で力があれば、実腫とみて分消湯がよいことがある。

●腹満、心下痞硬があり、小便はやや減少して濃縮し、大便も秘結する(便秘)ことが多い。腹満は食後にひどく、腹が張って、ゲップや呑酸があり、少し食べても苦しくなる。

●腹水、浮腫を急激に取り除いても、体力低下を来たさない実証に適した利水剤である。

●胸脇苦満があれば、小柴胡湯と合方する。


【処方構成と効能】14味

五苓散(除く桂皮)に平胃散(除く甘草、大棗)を合方して、理気薬の枳実、香附子、木香、縮砂、大腹皮、灯心草を加えた処方である。

気をめぐらし、食滞を去り、尿利をつけ、主に実証の水腫を改善する。


【元気が残っている方の浮腫などによる腹部の膨満感に】

匙倶楽部商品 小太郎漢方 分消湯エキス細粒G(D011)「コタロー」

とても人気のある製剤です。

※実績のある小太郎漢方製薬が一般用として、発売しております。

分消湯エキス細粒G(D011)「コタロー」90包

小太郎漢方・匙倶楽部シリーズをご希望のお客様へ

yakuzaishi
代表電話:0428-25-8682
※平日のみ10時~夕刻5時まで
※電話口で必ず「小太郎の、さじくらぶの問合せ。」とお話ください。
※すぐに担当薬剤師に代わります。
※緊急時薬剤師直通:090-1653-9903

なお、初回お申込みのお客様は、漢方相談の事前に会員登録を必須といたします。(必ず、現在使用中の薬剤、既往歴、アレルギー歴などご記入ください。秘密厳守いたします。)
また、メールアドレスが無いお客様も、お電話で会員登録が可能ですので、お気軽にご相談ください。

kanriph
【薬剤師からのお願い事項】
当、小太郎匙倶楽部シリーズは、数ある漢方製剤の中でも、素材が極めて良質、かつ各製剤は専門性を有し、ご希望の際は薬剤師である私、遠藤か「薬のプロたん」の店長田中とご相談の上、お申込み頂く形となります。
特に初めてのお客様から「なぜネットから購入できないのか?」とのお問い合わせを日々頂きますが、このシリーズは、当店のショッピングカートを駆使した買物システムは使用できません。
例え今回「ネット販売が解禁」であっても、このシリーズだけは特別であって、前述の通りの手順を経てお渡しという形となります。また、当然ですが投薬後のアフターフォローも実施いたします。
電話で価格についての交渉をされる方も多いですが、既に販売価格はサイト上に提示しており、一切ご容赦頂いております。
なお、冷やかし半分、かつ長時間電話をされる方がいらっしゃいますが、後に控えている他のお客様へのご迷惑となりますので、問答無用で断りしております。
自身の慢性的な疾病と向き合い、優良な漢方製剤で真剣にQOLを少しでも改善したいとお考えになるお客様のみ、お渡しできる漢方とご理解ください。

分消湯解説
スポンサーリンク
プロたんをフォローする
プロたん漢方相談室