漢方通販サイトはプロたん漢方2(弊社直営公式サイト)

苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)と奔豚気病(ほんとんきびょう)

苓桂甘棗湯
スポンサーリンク

「奔豚気病(ほんとんきびょう)」の漢方療法

唐突ですが、かなりストレス溜まっていらっしゃいませんか?
いや、少なからずもあるが、それほどでもない・・
まあまあ・・・・というお客様は、どうぞスルーしてください。

今日はそうではなく、かなり「ディープ」な状況の方への漢方のお話です。
【奔豚気病(ほんとんきびょう)とは?】

不安観念が非常に強く、人前にでると緊張してドキドキしたり、ストレスが溜まりやすくイライラしやすい神経質な方の精神不安、動悸を伴った状態を奔豚気(ほんとんき)と呼びます。
もちろん漢方用語です。

つまり、胸腹部をちょうど子豚が走り回るような感覚を例えてこのように呼ばれています。

ヒステリー性の心悸亢進に相当するもので、発作的に下腹部から胸に突き上げてくる激しい動悸(あるいは腹痛)を起こします。

証は現代医学風に言えば、パニック障害、強度の不安神経症、神経性心悸亢進、心臓神経症などに該当いたします。

このような場合、当店では柴胡加竜骨牡蛎湯(ウチダNO.34)を主に用いますが、例えばさらに脾胃の水毒や急迫している状況のケースの場合には、なかなか効果が上がりにくいと思いました。
胃内停水がひどいと、歩いていてもドボドボする状態。覚えございませんか?

このケースでは苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)を用いると大変良いと思います。。

実際に小生も服用いたしましたが、実に良く効きますね。
具体的には1週間~10日程度で随分と楽になるのを自覚いたしました。
小生の場合、胃酸過多傾向になりますと、すぐに目が回る。
つまりひどいめまいを覚えます。
このような時に著効するのが苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)です。

というわけで、私のとっておきの漢方薬としても位置づけております。

効き目にはもちろん個人差はありますが、今まで漢方の神経用剤と言われている方剤の中では効果の面でかなり上位に入ると思います。

失礼ながら、皆様も何かの時にはぜひ、当処方を思い出してください。
きっとお役に立つ処方と思いました。

それでは実際の製剤のご紹介をしておきます。
当処方は私が知る限りでは取り扱いメーカーさんが極端に少ないと思います。
それだけに希少価値とも言えます。

 

苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)

胃内停水や、嘔吐、胃酸過多、胃痙攣など消化器の機能的障害などにも用いられます。

【苓桂甘棗湯の成分】

・茯苓 利水鎮静

・大棗 急迫煩躁の緩和

・桂皮 気上衝を下げる

・甘草 急迫煩躁の緩和

【効能・効果】

体力中等度以下で,のぼせや動悸があり神経がたかぶるものの次の諸症:動悸,精神不安

【小太郎漢方の苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)】

小太郎漢方から、苓桂甘棗湯のエキス細粒剤が発売されております。

 

苓桂甘棗湯エキス細粒G「コタロー」90包

苓桂甘棗湯エキス細粒G「コタロー」90包
苓桂甘棗湯エキス細粒G「コタロー」500g徳用ボトル(計量サジ付)

 

小太郎漢方・匙倶楽部シリーズをご希望のお客様へ

yakuzaishi
代表電話:0428-25-8682
※平日のみ10時~夕刻5時まで
※電話口で必ず「小太郎の、さじくらぶの問合せ。」とお話ください。
※すぐに担当薬剤師に代わります。
※緊急時薬剤師直通:090-1653-9903

なお、初回お申込みのお客様は、漢方相談の事前に会員登録を必須といたします。(必ず、現在使用中の薬剤、既往歴、アレルギー歴などご記入ください。秘密厳守いたします。)
また、メールアドレスが無いお客様も、お電話で会員登録が可能ですので、お気軽にご相談ください。

kanriph
【薬剤師からのお願い事項】
当、小太郎匙倶楽部シリーズは、数ある漢方製剤の中でも、素材が極めて良質、かつ各製剤は専門性を有し、ご希望の際は薬剤師である私、遠藤か「薬のプロたん」の店長田中とご相談の上、お申込み頂く形となります。
特に初めてのお客様から「なぜネットから購入できないのか?」とのお問い合わせを日々頂きますが、このシリーズは、当店のショッピングカートを駆使した買物システムは使用できません。
例え今回「ネット販売が解禁」であっても、このシリーズだけは特別であって、前述の通りの手順を経てお渡しという形となります。また、当然ですが投薬後のアフターフォローも実施いたします。
電話で価格についての交渉をされる方も多いですが、既に販売価格はサイト上に提示しており、一切ご容赦頂いております。
なお、冷やかし半分、かつ長時間電話をされる方がいらっしゃいますが、後に控えている他のお客様へのご迷惑となりますので、問答無用で断りしております。
自身の慢性的な疾病と向き合い、優良な漢方製剤で真剣にQOLを少しでも改善したいとお考えになるお客様のみ、お渡しできる漢方とご理解ください。

苓桂甘棗湯解説
スポンサーリンク
プロたんをフォローする
プロたん漢方相談室