ウチダの牛黄カプセル(南米産牛黄)の流通が復帰の兆し

ウチダの牛黄カプセル(南米産牛黄)の流通が復帰の兆し


いつもご来店ご利用、感謝を申し上げます。
ことの発端は昨年末~お正月休暇にかけて、我々業者ですら想像もつかない出来事が水面下で静かに起きておりました。某国の複数製薬メーカー・バイヤーらによる「牛黄」原料の大量買い占めです。南米の各国をはじめ、豪州産(オーストラリア)の牛黄の素材は平常時でも希少素材でしたが、この世界的な大量買い付けにより、一時はほぼ枯渇状態に陥りました。
https://www.protan2.com/archives/28631
 
その影響をまともに受けたのが我が国の漢方メーカーと全国の漢方薬局、そしてユーザーの皆様です。大変ご迷惑をおかけいたしました。あらためて謝罪申し上げます。結局この半年間、その希少素材を求めて関係者による東西奔走により、新たに入荷するまで販売を一時的に休止又は再開を繰り返してきました。そして「ウチダの牛黄カプセル(南米産)2カプセル×12個入り」ですが、6月中旬に入り、少しずつ流通の流れが落ち着いてきたようです。
 
 

メーカーもこれを機会に新たな気持ちで気分一新?!

未だ従来からの入荷量には程遠いのですが、どうにか製造し、継続販売は少しずつ再開してきたとの見方をしております。包装もここへきて変更がなされました。従来品のように細長い箱は廃止され、かつ製品の内包装もコンパクトな仕上げとなってリニューアルされております。
 

さてウチダの牛黄カプセル(南米産)の内容的な形状(カプセル)と牛黄の含有量などは全く変更はありませんが、振り返れば、あらためてその販売価格は相変わらず高騰を続けております。素材枯渇から立ち直り、どうにか製品的にまとも流通に戻ったものの、この価格では・・と、尻込みされるユーザー様もちらほらと。
 
しかしながら、牛黄カプセルのオーストラリア産、つまり牛黄カプセル極(きわみ)も一気に値上がりしてしまった現在、やはり少しでもコストをかけずに入手するならば、歴代から継続して買ってきた牛黄カプセル(南米産)に頼るしかないでしょう。。というお客様もいらっしゃるのも事実。
 

リニューアル品の牛黄カプセル(南米産)の価格

● ウチダの牛黄カプセル(100mg×2)×12個×1箱(南米産牛黄:プレミアム価格)
税込 35,899円
・・というわけで、くどいようですが、従来の価格と比較するとあまりにも加速的な高騰でしたので、当面は「店頭販売品」として位置づけ、サイトから下げておりました。ところがそれでも「欲しい」というお客様(遠隔地)からのお申し出が何件かあり、再度ネット上に掲載させて頂いた次第です。そのご希望のお客様のほとんどが、旧製品からの継続客様で、すでに牛黄カプセル・極(きわみ)はさらなる値上がりをしているため、「特に極(きわみ)にはスイッチしたくない。」というか、「する必要もない。(・・という気持に近い?)」とのことです。
やたらと新しいモノよりも、従来品が良かったのだから現状維持でよい。もっとも価格はなんとかならんのか?・・が本音のようで。いやはや。汗
まことに恐縮している次第で、もうこれは従来からの南米産牛黄にされるか、オーストラリア産牛黄に変更されるかはお客様におまかせすることにいたしました。
なお、一時は全く商品在庫が枯渇した状態のため、やむを得ずバラ1枚売りをしておりました。
しかし、6月現在ではケース販売が少しずつ復活してきましたので、バラ売りは中止しております。


ウチダの牛黄カプセル(100mg×2)×12個×1箱
pccart
spcart
 

【ウチダの牛黄カプセル(南米産)の関連リンク】

https://www.protan2.com/goou/archives/641
秘薬 「牛黄(ごおう)」の魅力
https://www.protan2.com/goou/archives/56
牛黄カプセルと牛龍黄(ごりゅうおう)の違い?
https://www.protan2.com/goou/archives/38
ウチダの牛黄(ごおう)カプセルの概要
https://www.protan2.com/goou/archives/65