きゅう帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)

きゅう帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
体力中等度以下のものの次の諸症。ただし産後の場合は体力に関わらず使用できる。:月経不順,産後の体力低下,血の道症

きゅう帰調血飲第一加減は男女を問わず、虚血、うっ血などを伴う循環器疾患や下肢静脈瘤などにも用いられます。 補血調経、活血化お、理気止痛、補気健脾、温裏去寒と産後の聖薬と言われるように、内容的に優れた処方です。

【どのような漢方処方か?】

補血調経、活血化お、理気止痛、補気健脾、温裏去寒と産後の聖薬と言われるように、内容的に優れた処方です。 逆に産前(妊娠中)は当帰芍薬散が多いです。

21味の構成生薬(非常に多い)。一言で言うと、寒証かつ、お血体質の証によく用いられます。 反するに熱証は通導散となることが多いです。

第一加減は、きゅう帰調血飲の「お血を」より緩和する処方になっています。

【応用範囲が広い】

特に女性の場合、産後の聖薬と言われるように、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、血の道症など婦人科疾患全般に応用されています。

また、男性においても、うっ血などを伴う循環器疾患や下肢静脈瘤など、男女併せると適応範囲が非常に広い処方であると言えます。

日本の漢方製剤における効能・効果は、

体力中等度以下のものの次の諸症。ただし産後の場合は体力に関わらず使用できる。
血の道症、月経不順、産後の体力低下」です。

■産前産後の漢方薬として、産前(妊娠中)には当帰芍薬散、産後(出産後)には弓帰調血飲第一加減がファーストチョイス。

■通導散(つうどうさん)とは表裏の関係にあり、どちらも気血のめぐりが悪いものに用いられる。 実証・熱証には通導散、虚証・冷えには本方を用います。

■産後には血脚気(足が立たないなど)、慢性関節リウマチ、気管支喘息をはじめ、いろいろな病気・症状が起きる。
数年前の出産でも、産後に起きてお血(血の巡りが悪い状態)が原因と考えられる病気には用いてよい。

■月経異常、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、血の道症など婦人科疾患にも広く応用される。 また、頭痛、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴え、血の巡りが悪く冷えているタイプに広く用いられる。

■血の巡りを改善する作用があることから、男女を問わず、虚血、うっ血などを伴う循環器疾患や下肢静脈瘤などに用いられる。

【きゅう帰調血飲第一加減の構成生薬】21味

本方は、21種ものたくさんの生薬から構成されています。

増血しながら月経を整える四物湯をベースにして、血の巡りを改善する桃仁、紅花を加えた桃紅四物湯(とうこうしもつとう)が基本になった処方。

その補助として理気(気の巡りを改善)、健胃(胃を整える)、温裏(胃腸を温める)、温経(経絡を温める)、鎮痛などの働きの生薬を加えていったものと考えられます。

【類方鑑別】※参考資料

きゅう帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
気滞お血を改善する代表処方。疲れやすく、イライラして、手足が冷える方に。産後や術後のお血によい。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
お血のファーストチョイス。軽い打撲でもうっ血しやすく、下腹部に痛みを訴える。アザやシミ、シモヤケにも。

加味逍遙散(かみしょうようさん)
神経を使うために何となくイライラする。女性では生理が一定せず、生理前になると体調を崩す。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
冷え症の女性に。むくみやすく、生理不順のある方。痛みのない膀胱炎や産前の保健薬として。

通導散(つうどうさん)
お血の実証、熱証に用いる。弓帰調血飲第一加減の裏処方。便秘傾向の人に。

【製品】

小太郎漢方製薬から繁用処方として発売に至っています。

■きゅう帰調血飲第一加減エキス細粒G「コタロー」90包(30日分) 税抜10,000円+消費税

スポンサーリンク

きゅう帰調血飲第一加減エキス細粒G「コタロー」

医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 きゅう帰調血飲第一加減
承認販売名
製品名 きゅう帰調血飲第一加減エキス細粒G「コタロー」
製品名(読み) キュウキチョウケツインダイイチカゲンエキスサイリュウGコタロー

製品の特徴

出産後や生理の際などで,体調が充分でなく,貧血ぎみで,手足に冷えを感じたり,気がふさいで頭痛,めまいがし,食欲もないといった訴えのある場合があります。
これらは自律神経や内分泌系のバランスとも関係があるとされていますが,きゅう帰調血飲第一加減エキス細粒G「コタロー」は気のめぐりをよくし,血行を改善することによって,産後や更年期などの体調を整える漢方薬です。

使用上の注意

■相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感

3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

効能・効果

体力中等度以下のものの次の諸症。ただし産後の場合は体力に関わらず使用できる。:月経不順,産後の体力低下,血の道症

効能関連注意 血の道症とは,月経,妊娠,出産,産後,更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。

用法・用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2~3時間を指します。

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または2.5g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.67g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または1.25g:3回
4歳未満:服用しないでください

(大入り剤に添付のサジは,すり切り一杯で0.6gです)

用法関連注意 小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分分量 3包(7.5g)中

水製エキス 6.2g (トウキ・センキュウ・ビャクジュツ・ブクリョウ・チンピ・ウヤク・コウブシ・ボタンピ各2g,ヤクモソウ・タイソウ・カンゾウ・カンキョウ各0.8g,ジオウ・シャクヤク・トウニン・コウカ・キジツ・ケイヒ・ゴシツ・モッコウ・エンゴサク各1.2g)

添加物 含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。(大入り剤のみ)

製造販売会社 小太郎漢方製薬(株)
会社名:小太郎漢方製薬株式会社
住所:〒531-0071 大阪市北区中津2丁目5番23号
販売会社
剤形 散剤
リスク区分等 第2類医薬品

プロたん

本名:遠藤啓太/屋号:早雲/プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

スポンサーリンク