腎臓仙(じんぞうせん)の特徴!

201

 腎臓仙(じんぞうせん)の特徴!

平素は三和生薬の腎臓仙(じんぞうせん)をお求め頂き、有難うございます。腎臓仙のルーツを辿ると、江戸時代にまで端を発するようです。和の漢方というか、「日本人の体質を考慮した和漢療法」とも言えましょう。茨城県は水戸市。水戸と言えばご老公(水戸黄門さま)が有名ですね。何度か歴史書を読みましたが、水戸光圀公の功績は多大で、地図の編纂、医学への奨励。文武両道など大きく貢献した人物と伺っています。腎臓仙の原典はそのような環境の中で育まれ、近年になりそれを実現されたのが水戸の種村製薬さんです。もっとこの件に付き書きたいところですが、新聞記事がありましたので、これを参考資料として掲載させて頂きます。

200 201 202 203
204 205 100 101
102 103 104 105
106 107 104-jpg 2002052332-jpg
さて、種村製薬さんの「種村の腎臓仙」は「腎臓の特効漢方」として著名となり、近年では大手漢方メーカー「三和生薬(栃木県)」へリレーされました。三和生薬ではこれを全国の販売網に載せ、拡売に至ったことは皆様方も周知されていると思います。腎臓仙はカテゴリー分類が「第2類医薬品」であり、その用法・用量が・・

【用法・用量】
1袋を土瓶または急須に入れ適宜の熱湯を注ぎ服用する。
これを繰り返し色がうすくなったら火にかけて煎じて服用する。
いずれも,なるべく食前,又は食間に服用する。

・・とのことで、服用方法も実にユニーク、かつ便利。
さらに取得している効能を拝見すると・・これまたびっくり!

【効能・効果】
急性慢性腎臓炎,膀胱カタル,尿道炎,妊娠腎,妊娠中毒症,
感冒その他高熱性疾患後の腎炎,高血圧症,以上の諸症及び,
脚気に起因するむくみ,動悸,頭痛,肩こり,めまい,耳鳴り,
手足のしびれ

・・以上の効能を取得している他の製剤は稀少と言っても過言ではないでしょう。

特に関連している記事

 

腎臓仙(じんぞうせん)の特徴!
平素は三和生薬の腎臓仙(じんぞうせん)をお求め頂き、有難うございます。腎臓仙のルーツを辿ると、江戸時代にまで端を発するようです。和の漢方というか、「日本人の体質を考慮した和漢療法」とも言えましょう。茨城県は水戸市。水戸と言えばご老公(水戸黄門さま)が有名ですね。
腎臓仙のよくあるご質問【更新中】
腎臓仙のよくあるご質問体全体が「むくみ」っぽく・・だるい。。あまりの蒸し暑さに空調を使用したら足が冷たくなって・・。との漢方相談が激増している昨今。「腎臓仙(じんぞうせん)」のご用命が多く、全国の皆様からご注文を頂いております。その内、半数
クレアチニンの数値が気になる方の漢方療法
近年になり、腎臓病のご相談は急増しています。特に、一つの指標となるクレアチニンの値上昇についてのお話が多いですね。ただ、腎機能の検査についてはクレアチニンのみならず、尿素窒素BUN等、後述する他の検査項目も総合的に勘案し専門医が判定いたします。
【一元錠剤漢方】還精(かんせい:八味丸変方)腎臓の漢方のご紹介【第2類医薬品】
疲労倦怠感が著しく腰冷、腰痛があり、四肢は冷え易いが時にほてることもあり、口渇があり、排尿回数が多く、尿量減少して残尿感がある場合と、逆に尿量が増大する場合がある、特に夜間多尿のものに用いる。糖尿病、腎臓病、老人性腰痛、坐骨神経痛、高血圧症、湿疹、産後脚気

三和生薬 腎臓仙の概要

三和生薬腎臓仙
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 その他の循環器・血液用薬
承認販売名
製品名 三和生薬腎臓仙
製品名(読み) サンワショウヤクジンゾウセン
製品の特徴
使用上の注意
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
医師の治療を受けている人
2.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
効能・効果
急性慢性腎臓炎,膀胱カタル,尿道炎,妊娠腎,妊娠中毒症,感冒その他高熱性疾患後の腎炎,高血圧症,以上の諸症及び,脚気に起因するむくみ,動悸,頭痛,肩こり,めまい,耳鳴り,手足のしびれ
効能関連注意
用法・用量 1袋を土瓶または急須に入れ適宜の熱湯を注ぎ服用する。これを繰り返し色がうすくなったら火にかけて煎じて服用する。いずれも,なるべく食前,又は食間に服用する。
[年齢:1日に飲む量]
成人(15歳以上):1袋
11歳以上15歳未満:2/3袋
8歳以上11歳未満:1/2袋
5歳以上8歳未満:1/3袋
5歳未満:1/4袋
用法関連注意
成分分量 1袋(10g)中

ウワウルシ 2g
キササゲ 2g
カゴソウ 1.75g
ケツメイシ 1.75g
セッコツボク 1.75g
センキュウ 0.25g
カンゾウ 0.5g
添加物 なし
保管及び取扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用してください。
(5)この説明文書には、本剤を服用の際に必要な注意事項などが記載されていますので、服用が終わるまで、外箱に入れたまま保管してください。
(6)外箱に、開封した日付を記入しておいてください。
※薬草のままのパックですので、虫・かびが付きやすいので、低温で湿気のない所に密封して保管してください。
製造販売会社 三和生薬(株)
会社名:三和生薬株式会社
住所:栃木県宇都宮市平出工業団地6-1
販売会社
剤形 その他
リスク区分 第2類医薬品